岡山県井原市の「きものクリニック茶堂」です。着物のクリーニング、しみぬき、仕立て替え、貸衣裳など着物のことは何でもお任せ下さい。

>
日本の心「着物」の歴史

日本の心「着物」の歴史

日本を代表する衣服である「着物」は古い歴史を持った伝統あるものです。そんな着物の歴史を知り、より着物の魅力を感じてみてはいかがでしょうか?

時代によって形が変わる日本の衣服

現在の着物の形になるまでに、日本の衣服は様々な形をしていました。例えば縄文時代では、筒型の布に腕を通せるよう穴を開けた衣服を着用していたと言われています。また弥生時代には左前に合わせた上衣、男性はズボン、女性は丈の長いスカートを着用していたそうです。

しかし、飛鳥・奈良時代になると中国や韓国などの交易が盛んになり、他国の文化に影響されて衣服も左前から右前に、色や形も階級ごとに決められたものを着るようになったのです。

ファッション性を考えた着物へ

ファッション性を考えた着物へ

平安時代になると上流階級の男性は束帯を、女性は源氏物語にも出てくる十二単などを着るようになり、日本独自の服装へと変化していきました。

また、寒い時には着物を何枚も重ね、暑い時には麻を使用した着物を着るなど、暖房や冷房がなかった時代なりに様々な工夫をしていたようです。一方、庶民は麻の小袖で細帯をしめていたと言われており、階級によって着るものにも違いがあったことが分かります。

さらに時代が進むと、男性も女性も華やかな色の着物を着るようになり、ファッション性を意識するようになっていきます。そして、江戸時代になると現代の和服とほとんど同じデザインの着物が着られるようになったとされています。

現在の着物

現在の着物

現在の日本では昔のように、普段着として着物を着る機会は少なくなってしまいました。しかし、晴れ着として大事な行事に着る方は多いです。

ご自宅に眠る思い出の着物を着物クリーニングに出し、成人式や結婚式、結納などの大切な日に素敵な着物を身につけて、さらなる思い出を残すのもおすすめです。普段とは違った服を着ることで気持ちが引き締まり、よりあなたを魅力的に見せてくれるでしょう。

ご自宅に眠っていた着物にカビやシミができている、しみぬき上手い着物クリーニング店をお探しの方は弊社をご利用下さい。しみぬき、カビ取り丸洗いなど、着物の状態に合った着物クリーニングに対応致します。また、貸衣装も行っておりますので、振り袖や袴、喪服などが必要な場合も、お気軽に弊社までご相談下さい。

しみぬきやカビ取りが上手い着物クリーニングなら茶堂がおすすめです。

上手い着物クリーニングなら【きものクリニック茶堂】 概要

会社名 有限会社 茶堂(ちゃどう)
所在地 〒715-0019 岡山県井原市井原町390-2
電話番号 0866-62-4241
FAX 0866-62-2156
URL http://www.chado1976.jp/
業務内容 着物クリーニング、丸洗い、撥水加工、カビ取り、仕立て替え、寸法直し、ヤケ直し、紋入れ、ガード加工、貸衣裳、オリジナル雛人形の製作、革バッグクリーニング他。
説明 岡山で着物クリーニングや貸衣装、仕立て替えなどの着物の事なら『きものクリニック茶堂』にお任せください。しみぬきや丸洗い、カビ取りなど確かな技術で大切な着物を蘇らせます。振袖・袴・訪問着などを取り揃えている貸衣装は卒業式や結婚式等でご利用ください。また当店ではオリジナル雛人形の製作や革バッグクリーニングなども行っております。

着物に関するコラム