岡山県井原市の「きものクリニック茶堂」です。着物のクリーニング、しみぬき、仕立て替え、貸衣裳など着物のことは何でもお任せ下さい。

>
着物の正しいたたみ方

着物の正しいたたみ方

着物の正しいたたみ方

洋装が主流となった現代では、着物は成人式や結納などの晴着として使用されることが多いです。しかし最近は着物ならではの機能性やデザイン性が見直され、国内外から人気を得るようになってきています。

中には、ご自分用に着物をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。こちらでは、着物の正しいたたみ方をご紹介します。

本だたみ

本だたみとは、長着や単衣、袷、羽織などをたたむ際に用いられる方法です。

まず、衿肩あきを内側に折り込んで、おくみ線に沿って手前にたたみます。次に衿を重ねて斜めに折ります。背を折っていく際には、左右の袖を重ね脇縫いを揃えましょう。

背を折り曲げたら、左袖を袖つけから少し上に折り返します。右袖も左袖同様、反対に折り曲げて見ごろを裾の中心で折ります。以上が本だたみの手順です。

夜着だたみ

2枚に重なった着物や絵羽づけされている着物などは、紋や模様を傷めないように夜着だたみを用います。
一般的な洋服のたたみ方では、刺しゅうや箔を傷つけてしまう可能性があるため注意が必要です。

夜着だたみは、和紙やノリのついていない白い布を準備することが大切です。紋や模様がある箇所に和紙や白布を当てることで、色落ちや模様のかすれを防ぎます。

たたむ際は初めに衿を内側に折り、左袖が上になるように折り返します。身丈を折り込む時は和紙や真綿などを置いて、折り目がつかないようにすることがポイントです。さらに丈を折っていき完成となります。

襦袢だたみ

半襦袢や長襦袢と様々な種類がありますが、襦袢をたたむ際に用いられる方法として襦袢だたみが挙げられます。最初に襦袢を広げ、左右の前見ごろを内側へ折り重ねていきます。

折り重ねた際に、右袖は手前に折り返します。この時、見ごろから袖が出ないようにたたむことがポイントです。脇縫いを突き合わせるようにして反対も同じようにたたみ、身丈が衿に被らないところで折りたたみます。襦袢だたみは、和装コートをたたむ際にも用いられます。

着物の種類に合わせてたたみ方を変えることで、着物を長持ちさせることに繋がります。お手持ちの着物の保管方法について、一度見直してみてはいかがでしょうか。

着物の正しいたたみ方

大切な着物のカビやシミなどの汚れにお悩みの際は、弊社へご相談下さい。弊社では撥水加工丸洗い寸法直しなど、着物に関する様々なお悩みに対応しております。

お好みの反物から仕立てることも可能ですので、晴着や祝着をお探しの際もお気軽にご相談下さい。実績と技術のある弊社が、着物に関するお悩みを解決致します。

着物の寸法直しや仕立て替え、丸洗いや撥水加工など着物メンテナンスなら茶堂へ。

着物の寸法直しや仕立て替えなら【きものクリニック茶堂】 概要

会社名 有限会社 茶堂(ちゃどう)
所在地 〒715-0019 岡山県井原市井原町390-2
電話番号 0866-62-4241
FAX 0866-62-2156
URL http://www.chado1976.jp/
業務内容 着物クリーニング、丸洗い、撥水加工、カビ取り、仕立て替え、寸法直し、ヤケ直し、紋入れ、ガード加工、貸衣裳、オリジナル雛人形の製作、革バッグクリーニング他。
説明 岡山で着物クリーニングや貸衣装、仕立て替えなどの着物の事なら『きものクリニック茶堂』にお任せください。しみぬきや丸洗い、カビ取りなど確かな技術で大切な着物を蘇らせます。振袖・袴・訪問着などを取り揃えている貸衣装は卒業式や結婚式等でご利用ください。また当店ではオリジナル雛人形の製作や革バッグクリーニングなども行っております。

着物に関するコラム