岡山県井原市の「きものクリニック茶堂」です。着物のクリーニング、しみぬき、仕立て替え、貸衣裳など着物のことは何でもお任せ下さい。

>
子どもの幸せを願う雛人形

子どもの幸せを願う雛人形

子どもの幸せを願う雛人形

日本ならではの文化の1つであるひな祭りは、女の子を祝う行事として多くの方に知られています。そんなひな祭りには、お内裏様とお雛様などの雛人形が欠かせません。

ただ、どうして雛人形を飾るのか、あまり理由をご存知でない方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、ひな祭りをより楽しむための豆知識をご紹介します。

雛人形の始まりとは?

ひな祭りに欠かせない雛人形の始まりは、上巳の節句に行われていた厄払いと、貴族の女児の間で行われていた「ひいな遊び」が関係しています。上巳の節句に行われていた厄払いは、人型に作成した草や藁で体をなでて穢れ移し、川に流すという風習です。

ひいな遊びは人型を意味する「流しひな」を用いた遊びで、徐々に流しひなと呼ばれるようになっていきます。江戸時代頃には流しひなが豪華で精巧になったため、川に流すという風習から一変し、飾って楽しむようになりました。その結果、現代に伝えられるひな祭りへと変化を遂げたのです。

現代に伝わる雛人形の言い伝え

現代に伝わる雛人形の言い伝え

「雛人形の片づけが遅いと婚期が遅れる」という言い伝えを耳にしたことがある方も多いと思います。この言い伝えには2つの意味が込められています。

1つは、雛人形の片づけが満足にできないと「他の家事もきちんとできないのでは?」と思われ、婚期を逃してしまうという考えからきています。

もう1つの理由には、雛人形の役割が関係しています。
雛人形は厄を引き受けて身代わりになるという役割があります。

しかし、長い間飾り続けることによって雛人形が引き受けた厄が再び自分に戻り、婚期を遅らせてしまうと言われているのです。そのため、雛人形はひな祭りを終えたと同時に片づけることが大切と言えます。

古くなり使わなくなったデニムや着物、をお持ちの際は、弊社でオリジナル雛人形製作してみませんか。弊社では、帯リメイク着物リメイクに対応しており、お客様にお送り頂いた着物や帯からオリジナル雛人形を製作いたします。

シミや汚れなどがある場合でも対応可能ですので、お母様やお祖母様の着物を活用するなら、是非弊社までオリジナル雛人形の製作をご依頼下さい。

着物リメイクや帯リメイク、デニム素材でオリジナル雛人形を製作しております。

オリジナル雛人形製作なら【きものクリニック茶堂】 概要

会社名 有限会社 茶堂(ちゃどう)
所在地 〒715-0019 岡山県井原市井原町390-2
電話番号 0866-62-4241
FAX 0866-62-2156
URL http://www.chado1976.jp/
業務内容 着物クリーニング、丸洗い、撥水加工、カビ取り、仕立て替え、寸法直し、ヤケ直し、紋入れ、ガード加工、貸衣裳、オリジナル雛人形の製作、革バッグクリーニング他。
説明 岡山で着物クリーニングや貸衣装、仕立て替えなどの着物の事なら『きものクリニック茶堂』にお任せください。しみぬきや丸洗い、カビ取りなど確かな技術で大切な着物を蘇らせます。振袖・袴・訪問着などを取り揃えている貸衣装は卒業式や結婚式等でご利用ください。また当店ではオリジナル雛人形の製作や革バッグクリーニングなども行っております。

着物に関するコラム