岡山県井原市の「きものクリニック茶堂」です。着物のクリーニング、しみぬき、仕立て替え、貸衣裳など着物のことは何でもお任せ下さい。

>
革バッグを長持ちさせる方法

革バッグを長持ちさせる方法

革バッグを長持ちさせる方法

おしゃれを楽しむ上でバッグの使用頻度は高く、こだわって選んでいる方も多いと思います。様々な素材のバッグがありますが、中でもを使ったバッグの人気は高いです。

革の魅力を引き出すには、お手入れ方法にもポイントがあります。こちらでは、大切な革バッグを長く愛用するための方法をご紹介します。

汚れを落とす

使用後のバッグには、ホコリや手の皮脂など様々な汚れがついているため、綺麗に汚れを落とすことが長持ちさせるポイントです。革は呼吸をしていますので、汚れが付着すると呼吸できなくなり、劣化を早めてしまいます。

柔らかい布などで汚れを落とし、革専用のクリームを塗ることで革バッグを保護できます。
また、定期的にバッグクリーニングを利用することもおすすめです。革専門のクリーニングであれば、自分では落としにくい汚れを取り除き、綺麗な状態にすることができます。

バッグの正しい保管方法

バッグは表面の汚れを落とすだけでなく、置き方をはじめとした保管方法を気をつけることで、型崩れを起こすことなく、長期間変わらない形で使い続けることができます。ここでは型崩れ防止や縦保管などバッグの保管方法についてご紹介いたします。

新聞紙で型崩れ防止

革バッグを保管する際、新聞紙を丸めてバッグに入れることも重要です。新聞紙を入れることで、バッグの形を維持できます。

また、バッグに溜まる湿気を吸収してカビを防止し、新聞紙のインクが虫よけとして活躍してくれます。
新聞紙を入れる時はバッグにインクがつかないよう、タオルなどで包むことがポイントです。

形を保つための縦保管

バッグをクローゼットに収納する際に、横に倒して積み重ねているという方も少なくないでしょう。
しかし、横にして積み重ねて保管すると、上に重なっているバッグの重さによって型崩れが起きてしまいます。

また、バッグ同士がくっついていると色移りする可能性もあるため、縦に立てて保管するようにしましょう。

通気性の良い袋で湿気を防ぐ

通気性の良い袋を活用することも、バッグを保管する上で大切なポイントです。バッグの保管場所に選ばれやすいクローゼットですが、空気の循環が悪いため湿気が溜まりやすいです。

湿気はカビなどを発生させ、バッグの劣化を早める要因のため、湿気を溜めないようにする必要があります。袋といってもビニール袋はバッグに癒着し、バッグの質を変える可能性があるので、不織布などの袋を活用することをおすすめします。

革バッグを長持ちさせる方法

弊社では、バッグクリーニングを承っております。クレンジングや補色、カビ取り、プロテクト加工など、様々なクリーニング内容に対応しております。

革バッグはこまめなお手入れが欠かせませんが、自分では対処できないこともあります。バッグの魅力を取り戻し、再び活用したいとお考えの際は、是非弊社のバッグクリーニングサービスをご利用下さい。

カビ取りなど革バッグのクリーニングなら茶堂へ。

バッグクリーニングでカビ取りを【きものクリニック茶堂】 概要

会社名 有限会社 茶堂(ちゃどう)
所在地 〒715-0019 岡山県井原市井原町390-2
電話番号 0866-62-4241
FAX 0866-62-2156
URL http://www.chado1976.jp/
業務内容 着物クリーニング、丸洗い、撥水加工、カビ取り、仕立て替え、寸法直し、ヤケ直し、紋入れ、ガード加工、貸衣裳、オリジナル雛人形の製作、革バッグクリーニング他。
説明 岡山で着物クリーニングや貸衣装、仕立て替えなどの着物の事なら『きものクリニック茶堂』にお任せください。しみぬきや丸洗い、カビ取りなど確かな技術で大切な着物を蘇らせます。振袖・袴・訪問着などを取り揃えている貸衣装は卒業式や結婚式等でご利用ください。また当店ではオリジナル雛人形の製作や革バッグクリーニングなども行っております。

着物に関するコラム